短期間でくびれを作るダイエット方法

短期間でくびれを作るダイエット方法とは

このページでは、短期間でくびれを作るダイエット方法について詳しく書いています。

 

短期間,くびれ,ダイエット方法

 

短期間でくびれを作るダイエット方法をお探しの方、短期間でくびれを作るダイエット方法なんてあるの?

 

という方の参考にしていただけたら幸いです。

ウエストのくびれに必要な筋肉

短期間,くびれ,ダイエット方法

 

女性らしい体作りに欠かせないのがウエストのくびれです。

 

せっかく頑張って体重を落とすことができても、ウエストにくびれのない体型では寸胴体型になってしまいます。そうならないためには、くびれを作るために必要な筋肉を鍛えてウエストを引き締めることが大切です。

 

ウエスト周りには、次の3つの筋肉があります。

 

腹直筋

お腹の正面にあって、よく腹筋を鍛えるという意味で使われる筋肉が「腹直筋」です。この筋肉がしっかりと鍛えられていると、お腹のお肉がぽっこりと前に出てしまうのを防ぐことができます。

 

腹斜筋

「腹斜筋」という筋肉はウエストの横側にあり、肋骨の下から骨盤に向かっています。この筋肉があることでウエストの横幅を細くすることができ、くびれを作り出すことができます。

 

腹横筋

身体の内側にある筋肉に「腹横筋」というものがあり、この筋肉はベルトのように身体に横向きに存在していて、お腹周囲をぎゅっと引き締めるために必要な筋肉になります。

 

ウエストを細くするためには

ウエストを細くするためには腹筋を鍛えることが重要だと思われていますが、通常よく見られる腹筋運動では腹直筋しか鍛えられません。つまり、お腹の前側だけしか鍛えられないので、お腹の横のラインや後ろ姿を見るとお腹にたるみができてしまい、綺麗なくびれを作り出すことができないのです。

 

なので、くびれを作るためには、上記3つの筋肉全てを鍛える必要があると言えます。

腹筋ストレッチでくびれを作る

短期間,くびれ,ダイエット方法

 

くびれを作るためには、ただ筋肉をつけることが必要というわけではなく、ウエスト周りにある筋肉を柔軟にしなくてはいけません。

 

ただやみくもに筋肉をつけることだけを考えて運動をしていては、固い筋肉が今ある脂肪の上に付いてしまい、今以上にウエストが太くなってしまう危険があります。

 

凝り固まった脂肪は燃焼されにくく、血流が悪くなっているので、セルライトなどになりやすくなっています。

 

そこで、まずは今ある脂肪や筋肉をしっかりと伸ばして血流を良くし、柔らかくしていくことが大切です。そういった手順を踏むことで、効果的にウエストに働きかけることができ、短期間でウエストのくびれを作ることができるようになります。

 

コブラのポーズ

最も簡単に腹筋を伸ばせるストレッチには、ヨガの一種である「コブラのポーズ」があります。コブラのポーズは、胸を大きく開くポーズで、ストレスの軽減にも役立ちます。また、背面に少し緊張感が生まれるので、姿勢を直したり、代謝を高めたりするのにも効果的です。

 

そんなコブラのポーズは、下記の動画が参考になります。

 

短期間,くびれ,ダイエット方法

 

また、コブラのポーズの手順をテキストでも確認したい方は、下記をご覧ください。

 

  1. うつ伏せになる
  2. 足を腰幅程度に開く
  3. 両手を胸の横につける
  4. 脇を軽く閉じる
  5. 両手でゆっくりと胸、おへそを持ち上げるように上体を起こす。(※)
  6. 肘を後ろに曲げるようにしてゆっくりと上半身を下げる
  7. 手を前から後ろにゆっくりと下していく
  8. これを数回繰り返す
  9. 終わった後はうつ伏せで手のひらを上に向け、お尻を軽くゆすってリラックスする

 

(※):肩がすくまないようにする。余裕があれば顎を上にあげる。腰回りがつらい方は途中まで上げるのでもOK。

 

上半身を起こす際、腰、首、背中が気持ちいいと感じるところが最も適している角度になるので、自分に合った角度で行ってみましょう。

 

腰をひねるストレッチ

 

短期間,くびれ,ダイエット方法

 

お腹の横側を伸ばすためには、仰向けに寝て足を反対側に持って行き、腰をひねるようにするストレッチをすると横腹が伸びている感覚が味わえるはずです。この時には横腹を意識してゆっくりとひねっていくことが大切です。

 

ストレッチはゆっくりと伸びている筋肉を感じながら行うと、より効果的になります。

スクワットでくびれを作る

短期間,くびれ,ダイエット方法

 

スクワットは足の筋肉を鍛えるものと思われているかもしれませんが、実は全身を使う運動なのです。

 

スクワットは、やり方を間違えなければお尻の筋肉もしっかりと鍛えることができます。お尻にキレイな筋肉がつけられると、魅力的なヒップラインを作ることができます。これはくびれと大きく関係してきます。

 

くびれはただ体が細いだけではだめで、ウエストからヒップにかけてのラインの美しさがポイントになります。その際、ヒップが貧弱では美しいボディラインを出すことができません。それではくびれがあっても、ただ細いだけのイメージになってしまいます。

 

そうならないためにはスクワットを積極的に行い、お尻の筋肉をしっかりとつけていきましょう。

 

スクワットの正しいやり方

正しいスクワットのやり方は、下記の動画を参考にしてみてください。1日たった5分やるだけで絶大な効果が期待できます。

 

短期間,くびれ,ダイエット方法

 

動画の内容を文字でも確認したい場合は、下記の手順を参考にしてみてください。

 

  1. 足を肩幅よりも少し広く開く
  2. つま先を15°くらい外側を向ける
  3. 握りこぶしを作り、肩の真ん前に持ってくる
  4. お腹を閉めて胸を張る
  5. 肘を膝から手前5cmのところについて停まる
  6. 立ち上がる
  7. これを繰り返す

 

スクワットの最中は、握りこぶしを肩の真ん前にキープしておき、お腹を常に意識して引き締めたまま行いましょう。

 

スクワットはお尻だけでなく、実はお腹や背中の筋肉も使うので、くびれ作りにはとても効果的な運動になります。

腰回しストレッチでくびれを作る

短期間,くびれ,ダイエット方法

 

骨盤の歪みがあるとくびれ作りの大きな敵になることがあります。骨盤の歪みは腰痛の原因にもなり、くびれ作りのトレーニング中に腰を痛める原因にもなってしまいます。なので、骨盤を整えることは、内臓の位置が正常に戻ったり、便秘が治ったりすることもあるという健康的なメリットもあります。

 

そんなとき、骨盤の歪みを整える運動として最適なのが腰回し運動です。腰を回すだけという簡単な運動ですが、骨盤を意識して行うことで歪みの矯正効果が上がります。

 

腰回し運動のやり方

 

短期間,くびれ,ダイエット方法

 

  1. 足を肩幅に開く
  2. 両手を腰に置く
  3. 目線はまっすぐに置く
  4. 左右どちらかに円を描くように腰を30回ほど回す(※)
  5. 反対回りも同じように回転させる

 

(※)骨盤がしっかりと動いていることを確認しながら行いましょう。また、スピードが速すぎると腰を痛めてしまうので気をつけましょう。回転させる速度の目安は、1回転するのに4カウント数える程度にするとちょうど良いです。

 

両方に回してみてやりにくい方向がある場合には、やりにくい方向を少し多めに行うのも効果的です。毎日やっているうちにやりにくい側がやりやすくなってくると、骨盤の歪みが解消されている証拠になります。

 

腰回し運動を行うと腰回りの血流もよくなるので、くびれ作りに大きく役立ちますよ^^

スラりんウォーマーのご購入はこちら!トップページへ大根脚の太い脚がコンプレックスの方、下半身デブ体型が気になる方は、トップページでスラりんウォーマーの詳細をチェックしてみてください。